×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大分市 で介護福祉士求人

大分市で介護福祉士求人

大分市で介護福祉士求人情報をお探しの方の転職活動をお手伝いします。

▼タップしてみる▼
カイゴジョブ

転職について

転職活動の際には、どんなことを心がけたら給料がアップするのでしょうか。それは、これまでやってきた仕事や転職先の会社に具体的に人事担当者を説得できるだけの自己アピールが可能ならば、給料アップも容易いでしょう。ボーナスを貰ってから転職する方が退職金と合わせると大きな臨時収入となるため、ボーナス月に合わせた退職にすると有利となります。そのためにも、計画を練って転職活動をできるようにしていくことが前もって計画を練っておくといいかもしれませんね。

前職と違う業種に転職する人もいますから、ただ、その時は覚悟を決める必要があります。転職活動が長期化する可能性もあります。二十代は吸収が早いので、未経験者の採用ケースも多いですが、三十代になると、どうしても二十代と比べると仕事を覚える速度が遅くなるので、採用されにくいでしょう。転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取っていると採用の決め手になってくれるかもしれません。MOSという資格はマイクロソフト社が公認しているPCスキルがあることについて証明してくれるとても汎用性のある資格です。このMOSという資格を得ることで、使われていない企業はないといえるほどのマイクロソフト社のワードやエクセルなどに使われる知識、技術を証明してくれるのです。

一昔は、35歳転職限界説も、結構本当でした。昔は年功序列だった関係で、35歳以上の方が途中で入社してもどのように扱うかが難しいので、不採用とする企業が少なくなかったのです。けれども、今は年功序列が崩れたため、35歳を超えていても能力があれば積極的に採用するところが多くなりました。通常、転職者が要求されるのはすぐに戦力になることなので、異なる業界に転職する場合は年齢や経験といった条件以外で、何か特長がないと即結果を残せるような人材を探しているので、経験がなくても採用するところはあまりありません。使える資格を取るとか、勉強しておくといった努力が成功のための一歩です。無職である期間が長いと転職しにくいかどうかは、職に就いていない間に、何をしていたかにより、変わってくるのです。前の仕事を辞めた後、職業訓練校に通うなどして、資格を取得することができていたり、スキルアップにつながることを行っていたのなら、面接を受ける時に話すことで逆にプラスの印象を持ってもらうことができるでしょう。

35歳転職限界説はよく聞かれますよね。この説は35歳以上になると転職することができなくなるというものです。まだこのような噂がありますが、本当にこの説は正しいのでしょうか?実のところは、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。懸命の努力を行っていますから、年齢だけで選定している場合ではないのでしょう。

資格を持っていない方

介護職員初任者研修の資格を持っていない方は、給料アップのために獲得しておきましょう。


▲タップしてみる▲


同じ市区の関連ページ

ページのトップへ戻る