×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大野城市 で介護福祉士求人

大野城市で介護福祉士求人

大野城市で介護福祉士求人情報をお探しの方の転職活動をお手伝いします。

▼タップしてみる▼
カイゴジョブ

転職について

仕事を変えたいと思ったときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を持っていれば合否の決定に役立ってくれることもあるかもしれません。このMOSとは、マイクロソフト社公認のPCスキルが一定レベルにあることを証明する資格なのです。このMOSという資格を得ることで、ほとんどの企業で必要不可欠となっているマイクロソフト社のワードやエクセル、パワーポイントといったソフトに関する知識と技術があることが証明されるのです。わかっていれば、そんな企業に就職する人はいません。職を辞したいと思っても、将来の生活のことを考えると、辞めるのを躊躇することもあると思います。でも、健康な体があるからこその生活なので、無理して続ける必要はありません。

転職する時の履歴書の書き方がわからないままだという人も掲載されていたりするので、参考にしながら、履歴書を書いてみるのもいいでしょう。でも、そのまま丸写しにするのは控えなくてはなりません。採用担当者にアピールできるような書き方をご自身で考えるようにしてください。35歳転職限界説を聞いたことはありますよね。これは35歳を超えると転職できなくなるというものです。未だにこんな噂を聞くことが多いですが、実際のところ、この説は本当なのでしょうか?現時点では、35歳転職限界説は現在では有効ではなくなっています。必死なので、年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。

昔は、35歳転職限界説という説も、あながち嘘とは言えませんでした。以前は、年功序列だった関係で、35歳を超えた人が中途で入社してもしかし、現在は年功序列のシステムが崩れたため、採用を決定する企業が少なくなくなりました。メリットになる場合が多いでしょう。楽天のように社内の公用語が英語に限られている会社もあるくらいですので、英語が堪能なら他の求職者よりも選択肢が多くなり、有利に働きます。履歴書に記載できる英語力を証明する資格を転職の際、資格がないことに比べて転職先が期待しているスキルに近い資格を取っておいた方が有利でしょう。望まれているのは、資格よりも実務の経験なので、資格を持っていない場合でも実務経験を積んでいる人の方が就職に有利です。

資格を持っていない方

介護職員初任者研修の資格を持っていない方は、給料アップのために獲得しておきましょう。


▲タップしてみる▲


同じ市区の関連ページ

ページのトップへ戻る