×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

愛媛県で介護福祉士求人

愛媛県で介護福祉士求人

愛媛県で介護福祉士求人情報をお探しの方の転職活動をお手伝いします。

▼タップしてみる▼
カイゴジョブ

転職について

転職をした時に祝い金が受け取れる転職サービスもありますが、たとえ祝い金が貰えたとしても、全てが一度で支払われるのではなくて、転職費用の足しになるというものではありません。お祝い金制度を行っていない転職サービスの方が、質の高い求人情報を集めていたり、面接にも通りやすいといったこともあるでしょう。一昔は、35歳を超えると転職できなくなるという説も、結構真実を語っていました。以前は年功序列だったので、35歳を超えた人が中途で入社しても不採用とするところが多かったのです。35歳を超えていても前途有望であれば積極的に採用する企業が少なくなくなりました。

転職するとなると、資格を持っていないよりも転職先が希望するスキルに近い資格を有している方が有利なこともあります。しかし、最近では、資格がなくてもキャリア実績のある人の方が英語に強いと就職活動上、メリットになるかと言えば、メリットになる場合が多いでしょう。楽天が代表的ですが、社内で話す言語が英語限定だという企業もありますので、英語に堪能であれば、他の求職者に比べて有利に働きます。取ると良いでしょう。

転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を持っていることで採用の決め手になってくれるかもしれません。PCスキルがあることについて証明してくれるとても有益な資格です。使われていない企業はないといえるほどのマイクロソフト社のワードやエクセルなどに使われる知識やスキルが一定レベル以上にあると認められるわけです。職場を探すに当たって、正社員の利点は安定した収入を得ることができることです。保険やボーナスの観点からもメリットは多いでしょう。でも、実のところ、非正社員である方が得する仕事もたくさんあり、どちらが良いかは細かく計算しないとわからないものです。転職時、履歴書の記述の仕方がわからないままだという人もおられるかもしれませんが、参考材料にして、履歴書を書かれてみるのもいいでしょう。でも、そのまま丸写しにするのはよくないことです。採用担当者にアピールできるような書き方を自分で考えてください。

人間関係がうまくいかなくて退職した場合に、「採用しても同じようなことが原因で簡単に退職をしてしまうのではないか?」と考えてしまうでしょう。直接の退職理由を伝えるのではなく、特に問題視されない転職理由を考えておくと順調な転職活動を行うことができるでしょう。専門職の場合、求人の条件として規定となっている資格を持っていることなどと掲げられている求人もあるので、転職して専門職に就くなら資格を所持している方がなおかつ、資格を有す方とそうでない方とでは、履歴書を人事部が確認した際にも差が出ることとなります。大手の企業に転職をした場合、収入が上がる事が多いですが、最も差が出るのはボーナスの差となるでしょう。業績によってはまったくないなんてこともあります。仮に、給料は同じ40万円でも、年に二回のボーナスがあれば、

資格を持っていない方

介護職員初任者研修の資格を持っていない方は、給料アップのために獲得しておきましょう。


▲タップしてみる▲


地域一覧

ページのトップへ戻る